« ごめん.愛してる | トップページ | 昨日の出来事 »

2006年10月 2日 (月)

最終話は、やはり涙...。

見終わりました。ごめん、愛してる
衝撃的なラストシ-ンでした。
やはり見ていると、涙がこぼれてきます
夜中に、トイレに行きつつ...娘と廊下で鉢合わせ....
娘が、...「何泣いてる...?」
私...「今観てるドラマが可哀想で....」
娘...「又、お母さん始まった...。はぁ...。」..とドラマを観てよく涙する私にあきれている様子...。
ラストシ-ンの中で...産まれてすぐに自分を捨てた母を憎んでいた息子のムヒョク...
母親の作ってくれたラ-メンを生まれて初めて食べるシ-ンで..


母さん 次の世でも必ず あなたの子に生まれます。
その時こそは母さんの自慢の孝行息子になりますから・・・
愛してます 母さん....


恋しく思わない日など 一日たりともなかった
母さん 生んでくれて ありがとう

そんなセリフにも泣かされました...。

ごめん、愛してる...
この言葉も短い言葉で有りながら...とても奥深くて...
この短い言葉に、ムヒョクとウンチェのすべての想いが込められていて...
タイトルとしてやっぱりこの言葉が、ぴったりだというのが判りました。


又、セリフの中に「因果応報」と「罰せられる」「罰を受ける」という言葉が出てきます。
自分の今の行いにより...将来罰を受ける事の無いように....
罪を起こさないように生きなくては....神様はあなたをちゃんと観ている...そう言うことなんでしょう...。

このドラマをご覧になっておられる方...これからご覧になろうと思われている方のためにここまでしか書きませんでしたが...とにかく衝撃的なドラマです。

どうぞ興味のおありの方はご覧になってくださいね!(*^_^*)

|
|

« ごめん.愛してる | トップページ | 昨日の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごめん.愛してる | トップページ | 昨日の出来事 »