« 青じそ、夏に欠かせない保存食! | トップページ | 青じそ味噌作り »

2006年8月 1日 (火)

ウメのケ-キ*二種類

以前、作り置きをしていたハチミツサワ-漬けの梅を使ってケ-キを作ってみました。 Ca330035
ウメケ-キそのⅠ
材料
=バタ-160g.砂糖200g.卵4個.薄力粉280g梅の実4~5個.ベ-キングパウダ-12g梅の甘露煮を作っておいたときの梅シロップ(又は、梅酒)..適量
作り方1).バタ-と卵は室温に戻しておき薄力粉.B.Pはあわせてふるっておく。
Ca330037 Ca330038 2).梅の実はみじん切り、オ-ブンは180℃に余熱
3).バタ-に砂糖を加えよく混ぜる。卵の黄身を混ぜる。ふるった粉と梅のみを混ぜる。
4).卵白は、角が立つくらいに泡立てる。
5).3の材料の中に、4の卵白を三回に分けて入れる。
最初はよく混ぜ、つぎは軽く、最後は軽く切るように混ぜる。
6).型に入れ180℃のオ-ブンで25分焼く
7).出来上がったら、熱い間に梅シロップ(又は梅酒)を掛ける。

ウメケ-キそのⅡ....梅シフォンケ-キ
Ca330039 Ca330055 このケ-キは、はかりを使わずこのカップを使用して焼きました。(プリンのカップで、一応目安に計量したら水が75cc入りました。)
材料=卵6個.砂糖カップ2.水カップ1.サラダ油カップ1.薄力粉カップ1.5 .強力粉カップ1.5.ベ-キングパウCa330040ダ-小さじ1.梅5粒.(私は他にビタミンティ-の葉を入れました。)
作り方1).卵黄6個.砂糖カップ1.水カップ1.サラダ油カップ1.梅のみのみじん切りにしたもの.薄力粉.強力粉それぞれカップ1.5.ベ-キングパウダ-小さじ1を全部ボ-ルに入れて混ぜる。
2).卵白6個分と砂糖カップ1をしっかりと角が立つぐらいに泡立てる。
3).1のボ-ルに2の卵白を三回に分けて入れる。
入れ方は、先程のウメケ-キの入れ方を参考になさってください。
4).180℃に予熱しておいたオ-ブンで、25分焼く。
5).焼けたら型を逆さにしてそのまま冷めるまで置いておく。

=型にはバタ-など塗らない。塗ると型を逆さにしたときに落ちてきます。
   冷めるまで、待たないとシフォンケ-キがしぼんでしまうので要注意。
...以上こんな感じでこの度は、作ってみました。

盛りつけには、庭にあるハ-ブミントの葉.レッドカランの実そして生クリ-ムを七部立てにしたもの.フル-ツソ-スには梅のジャムをマンゴ-ソ-スを梅シロップでのばした物を添えました。
酸味の利いたウメケ-キを更に酸味のあるビタミンティ-で頂きました。
梅酒の梅のある方は、お試しいただくと美味しいと思います。

|
|

« 青じそ、夏に欠かせない保存食! | トップページ | 青じそ味噌作り »

コメント

誰かに喜んでもらえる事って、嬉しいですね!今度又、お茶出来る日を楽しみにしています。(*^_^*)

投稿: すずまゆ | 2006年8月 1日 (火) 17時13分

この2種類のケーキ、おいしかったです(*^o^*)フルーツソースも、この時期にピッタリ♡
すごく幸せに気分になりました。
ありがとうございます。

投稿: ニコ | 2006年8月 1日 (火) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青じそ、夏に欠かせない保存食! | トップページ | 青じそ味噌作り »