« レッドカラン | トップページ | 今見ているのは、四姉妹物語 »

2006年6月22日 (木)

姉妹の入れ歯事件

四姉妹ではないですが。私達姉妹の子供のときのお話です。(*^_^*)
突然思い出しました!

私の父が、仕事の転勤で父の母親の所から通勤できるようになり
それまで、別居だった私達に、突然おばあさんという人が登場したのでした。
そのころ、私は幼稚園に通っていました。姉は小学生になっていました。
引っ越し前に住んでいた家の近くには、お菓子屋さんもあり、まあまあのところだったのですが
おばあさんのところは、田舎でした。(>_<)
私は、三人きょうだいなのですが(姉・私・弟)お婆さんの所に来たものの
あるのは、山!山!山!....お店が無い・・・んです!(>_<)
おなかがすいてきた私と姉は、なんか食べ物ってない?っとその辺に目をやりました。
するとが私を呼ぶんです!あったあった!すご~いあのお菓子歯の形しとる!
っと言います。 ほんとだぁ~!すご~い!
 ちょうど二枚(入れ歯の上下の事)ある。弟も今居ないから、一枚ずつ食べれるよ!
と言います。
 でもそれ、お婆ちゃんのだけ一応聞いてみるっと言いお婆ちゃん、あそこに置いてある歯の形のお菓子食べていい?・・・そう聞いたら
食べれないと言われ、姉のところに報告に戻ると、姉は両手で二枚入れ歯を持ち
どちらが大きいか、比べていました。

私達には、細工物の砂糖菓子に見えたのでした。
そのとき、初めて老人の人がそういった物を使われる事を知りました。
何十年たっても忘れられない、子供のときの思い出です。

|
|

« レッドカラン | トップページ | 今見ているのは、四姉妹物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッドカラン | トップページ | 今見ているのは、四姉妹物語 »